aa 印鑑の使用用途を把握しよう

日本で印鑑は様々な場所で利用されています。 社会人になれば、実印や銀行印、認印の3種類を持つ事になります。 これらの印鑑は、使う場所が違ってくるので、購入をする際にはきちんと使用用途を把握しておくようにしましょう。

 

仕事をする人によって印鑑は、名刺のような役割があります。 請求書や納品書など様々な場面で印鑑を押します。 その為、商売や仕事をしている人はかけている印鑑などを使うことのないようにしましょう。

 

印鑑は様々な材質で作られていて、値段は材質によって異なってきます。 木材や象牙、水牛などがメインになっていますが、少し変わったところで言えば、宝石でできている印鑑があります。 宝石の印鑑は、実用的に利用をすることもできますがインテリアの1つとしても活用することができます。 印鑑にする宝石によって値段が違いますが、記念には最高の思い出を作ることができるのではないでしょうか? 社会人として第一歩を迎える人や、誕生日のプレゼントにも喜ばれる印鑑になると思います。

 

なかなかこうした記念になる印鑑を持つ機会がないので、ぜひ大切な人への贈りものとして活用してみてください。 きっともらった相手の喜ぶ顔を見る事ができると思います。


ページTOPへ